タラバガニの1種の花咲ガニは味も価値も別格

花咲ガニ

花咲ガニと聞くと、タラバガニや毛蟹のように一般的なものでなく、あまり馴染みが薄いかと思いますが、一般の蟹とは異なり、夏場がシーズンなので、蟹好きの方にお中元として送るには最適でないかと思います。

花咲ガニは全身が真っ赤でトゲがしっかりついていることが特徴の1つだと思います。
また、流通する量も少ないので高級品となっております。

タラバガニの1種に属しますが、味はタラバガニとは全く別となっており、濃厚で独特な甘みがあるのでこれぞ高級ガニであると実感できるのではないかと思います。

花咲ガニの旬は先述したとおり夏場ですが、とりわけ9月が一番おいしいです。
食べ方として一番おすすめなのは、好みに依りますが、鉄砲汁で、足をぶつ切りにして味噌汁に入れるだけなのでお手軽な上、蟹の旨味をストレートに味わうことができます。

他の蟹と同じく、カニ炒飯にしたり、カニ鍋や、その〆の蟹雑炊などにしてもおいしく頂けます。
花咲ガニをさばくのは一見、難しそうに思えるかもしれませんが、食べ方はほかの蟹と同じで、
蟹の足や甲羅等をまず外して、
足の殻は挟みを入れてはがせば身が取れますし、
カニみそが入っている胴体は真ん中を2等分してから少しずつ切っていけば食べることができます。
ただし、トゲが鋭い点には注意が必要です。

花咲ガニを通販サイトで購入する際、サイトによって扱う蟹の大きさや値段が異なってきます。
その中でも、「北海道 地場の味(旧称:海賊.com)」は扱う種類が豊富な上、値段が安いのでお手ごろなものを買いたいという人にはお勧めします。

新鮮なものを欲しいという人にはカネキタ北釧水産のサイトから注文するとよいと思います。
これは北釧水産が仕入れから発送まですべて一括して行っており、仕入れの際には目利き人が選りすぐったものしか出さないようにしているので、新鮮なものが手に入る確率が高いのではないかと思います。

かなり高級な蟹ですが、蟹好きならば一回は花咲ガニ試してみる価値はありますよ!