お手軽に買える豪華おせち料理通販が充実してきました

お手軽に買える豪華おせち料理通販

おせち料理を通販で買う場合は、配送日に気を付けよう

毎年通販のお節料理を利用しています。定番の和風おせちから洋風おせち、中華風おせちまで様々な種類があり、集まる人の好みによっては選ぶことができます。

例えば、子どもが多く集まるようならお肉がメインでグラタンなどの入ったの洋風おせちを注文したり、夫婦二人だけなら、一人用のおせちを二人分別々のものを頼むこともできます。
値段も様々で10万円以上もするおせちから5000円程度のおせちもあります。

我が家では毎年1万5000円程度のおせちを頼みますがとても豪華です。
伊勢海老や鮑、いくらなどの海産物はもちろん、角煮やローストビーフなどのお肉もたくさん入っていてとても豪華なおせちです。

定番の煮豆や数の子、伊達巻なども入っていてどれも美味しく食べることができます。
盛付けはすでにお重に詰められていて前日から常温で解凍するだけでOKのものや、真空パック詰めになっていて湯煎や流水解凍してお重に詰めるタイプのおせちなどがあります。

昨年我が家で頼んだおせちは、料理の種類は30種類以上入っていたと思いますがこれだけの種類のおせちを作ろうと思うと食材費で1万円は超えると思います。さらに料理して綺麗に盛付けする手間を考えると1万5000円はとてもリーズナブルな値段だと思います。

それから予約についてですが、早期に予約をした方が絶対お得です。

人気のおせちは11月、12月上旬になると売り切れになってしまい予約することができなくなってしまいます。更に早期特典として年越しそばやなど付いてきたり、割引があったりします。
手頃な値段で豪華なおせちや有名シェフ監修のこだわりのおせち、有名ホテルや料亭のおせちは人気が高いので早めの予約がいいと思います。

おせちの日付指定は12月29日、30日、31日あたりだと思いますが、31日はあまりおすすめできません

輸送遅延の問題もありますが、一番の問題は解凍の時間で、常温で解凍のおせちの場合元旦の朝におせちを頂く場合、物によっては溶けきらないことがあります。
寒い玄関に置いておいたのが原因かもしれませんが、腐ることはないので余裕をもって、29日や30日に届けてもらうほうが良いとおもいますよ。

2017年大丸松坂屋限定の注目のおせち 和洋中の三巨匠「中村孝明・落合務・陳建一」監修

今では共働き世帯が増え、ご自分で作る方も減ってきているのではないでしょうか。
とはいえ、ネット通販のおせちは過去にとんでもないおせちを販売して問題になった会社もあり、やっぱりまだまだ不安という方に是非オススメしたいのは大丸・松坂屋のおせち通販です。

百貨店のおせちということでとても高いのではと思われるかもしれませんが、実はそんなことはなく、2段2人用で税込10,800円(盛福/大丸・松坂屋限定)からと大変リーズナブルなんです。

百貨店が販売するおせちなので、食材・製造元も安心できますし、味も確かです。
また、せっかくのお正月なんだから少し贅沢したいという方には、和・洋・中華風3段4人用税込32,400円がオススメです。

実はこちらのおせちはなんと言わずと知れた料理の鉄人たちのコラボレーション企画なんです。

ちなみに和の重は「なだ万」で有名な中村孝明氏、
洋の重は「LA BETTOLA」オーナーシェフ落合務氏、
そして中華の重は「赤坂四川飯店」オーナーシェフの陳建一
がそれぞれ監修しています。

お重の内容はというと、まず、和の重は祝い肴、焼き魚、酢の物など、おせちの定番がしっかり入っており、子持ち鮎や活車エビなど、巨匠ならではの食材へのこだわりがみられます。

洋の重は全体的に素材が生かされた繊細で上品な味わい。
トロトロ煮込み牛ホホ肉赤ワイン煮、粒マスタード香草ソース帆立スモーク、数の子イタリア風アレンジのジェノベーゼなど、シェフの創意工夫が見られます。

そして中華の重は出来立てのような熱々でお召し上がりいただけるエビチリ、辛みを効かせた棒棒鶏など、辛味を生かした四川料理の代表的なメニューのつまったお重です。その中でも、エゾアワビを使用し、絶妙な柔らかさに炊き上げた鮑のオイスター煮は絶品。
今年は有名シェフ監修の安心・美味・良心的価格な大丸松坂屋のおせちを味わってみてはいかがでしょうか。